「関ヶ原の戦い」に敗れ出家した広瀬兵庫助は、「本能寺の変」直後に活躍した武将!!

広瀬兵庫助からのメッセージを伝承する「広瀬兵庫助伝」です。ブログの記事・画像の無断転載を禁止します。

【400年間も門外不出の広瀬家史料情報を広瀬兵庫助末裔が初めて情報公開の理由】

【400年間も門外不出の広瀬家史料情報を広瀬兵庫助末裔が初めて情報公開の理由】

 

  1.   長浜城歴史博物館は、「広瀬兵庫助」に関する展示をするにあたり、2015年10月に広瀬兵庫助に関する報道発表をしましたが、その内容は伝聞に基づき記述された文献(豊鑑、東浅井郡志)や歴史学者(S大学のO名誉教授)・同館O館長などの仮説と推定に基づく一部誤発表となっていました。

 長浜城歴史博物館O館長へは10年ほど前から情報提供しているにもかかわらず、広瀬兵庫助の直伝の情報を無視の状態で人物像を描いたため誤発表につながったのです。広瀬家代々の直伝の史料を信頼していただきたかった。

 

  2.   一部誤発表となった理由は、広瀬兵庫助からの直伝の史料は生かされず、広瀬兵庫助の事績の根幹部分(出身地・拝領の経緯・活躍の経緯など)に重大な誤認があります。

  誤発表により別人の人物像となっています。長浜城歴史博物館に対しまして指摘(2015年12月)していますが、現時点においても訂正されず、誤発表の内容により長浜城歴史博物館HP(ニュース欄)で公開が続いています。

 

3.  長浜城歴史博物館は、「広瀬兵庫助」に関する展示では、秀吉から広瀬兵庫助への文書2通が展示されましたが、広瀬兵庫助が関ヶ原の戦いに敗れ、長男・太郎に宛てた手紙1通を展示していませんでした。

 このブログでは、広瀬兵庫助・史料の解読に成功して解説付きで情報公開しています。(関ヶ原の戦いの戦記と形見の刀を譲与する経緯を記していますが、広瀬兵庫助の事績を熟知しないと理解できない短い手紙です)

 

  4.   広瀬兵庫助の子孫には、真宗大谷派(東本願寺)所属の寺院を多数・建立開基して寺院住職として代々にわたり寺院に関する過去帳(寺院における事績を時系列順に記録したもの)により、寺院一族の記録を伝承しています。

 

  5.   広瀬兵庫助からの直伝の史料の存在は、広瀬兵庫助の体験の生の記録で本人以外は誰も知ることができない経験の記録です。これが子孫の代々にわたり受け継がれているものです。

 400年にもわたり門外不出だった広瀬家代々の史料情報です。広瀬兵庫助末裔が初めて情報公開しています。

 

  6.   長浜城歴史博物館の誤発表にもかかわらず、正しい情報と信じた歴史好きのブログ愛好家の投稿記事の好材料となり、誤認記事がインターネット上で拡散されており、大変に迷惑しています。残念です。 http://ameblo.jp/pvhu3515/

http://blog.goo.ne.jp/pvhu3515 http://blogs.yahoo.co.jp/pvhu3515